令和元年度 利根町社会福祉協議会基本方針

  今日、地域を取り巻く状況は、少子高齢化や人口減少が進み、高齢者の一人暮らしや高齢者世帯の増加、複合的な要因から陥る生活困窮など、様々な福祉・生活課題が浮き彫りとなっております。

 国においては、制度・施策の基本コンセプトとして「地域共生社会」を掲げており、その実現に向けた改正社会福祉法が平成30年4月より施行され、住民が身近な圏域で、主体的に地域課題を把握して解決を試みる体制づくりを支援することなどが示されております。

 こうした取り組みが進められる中、求められる「協働の中核」としての機能は、地域福祉を推進してきた社会福祉協議会の基本的役割・機能であり、本会の果たすべき役割もますます大きくなっているものと考えます。

 本会では、平成28年度を初年度として策定された、第2次利根町地域福祉活動計画(5ヵ年)に基づき、その基本理念である「住んで良かった利根まちづくり~みんなでつくるまち~」の進展のため、町民の皆さまの参加とご協力をいただきながら、行政や関係機関と連携し諸事業を積極的に進めてまいります。

 また、今年度は、利根町から新たに「買い物支援事業」と「生活困窮者自立相談支援事業(一次相談窓口)」並びに「ひきこもり対策推進事業」の受託を予定し、新たな福祉課題に対応していくと共に、特定相談支援事業や日常生活自立支援事業、地域ケアシステム等、既存の相談援助機能を十分に発揮しながら、幅広い相談やニーズに応じる体制を整え、地域福祉を推進する中核的な団体として取り組みを進めてまいります。 

社協の組織図

社協会員について

社協の活動は、会員の皆様の会費によって支えられております。社協会員加入にご協力お願い致します。

子どもから高齢者、障害者まで、地域にお住いの皆様とって、「住んで良かった」と思える利根まちづくりを目指して、様々な活動を行っております。

 

◎会費は、主に次のような事業に使われています◎

地域介護ヘルパー養成講座

中学生と地域住民とが交流しながら、福祉について学びます。

障害者ミニ運動会

障害者がボランティアとのゲーム通して交流します。

リ・スタート講座

退職した方の仲間づくり

ふれあいサロン

地域の集会所などに、高齢者が集まって交流することで、介護予防効果が期待できます。


家事援助サービス

送迎サービス


区分 会費(年間)
普通会費  世帯 1口 1,000円 
賛助会費  個人(篤志家・有志者) 1口 5,000円 
特別会費  団体法人等 1口 10,000円 

☆加入の方法は、年1回、各地区の役員さんご協力のもと、加入を募らせていただいております。

☆また、年間を通して事務局でも受け付けております。

☆会費を納めることにより、利根町のまちづくりに参加いただいております。

ダウンロード
定款(H29.4.1施行).pdf
PDFファイル 228.6 KB
ダウンロード
事業報告書(平成30年度).pdf
PDFファイル 311.6 KB
ダウンロード
法人単位資金収支計算書(第一号第一様式).pdf
PDFファイル 69.3 KB

ダウンロード
法人単位事業活動計算書(第二号第一様式).pdf
PDFファイル 77.0 KB
ダウンロード
法人単位貸借対照表(第三号第一様式).pdf
PDFファイル 72.5 KB

ダウンロード
現況報告書(平成31年3月31日現在).pdf
PDFファイル 648.7 KB
ダウンロード
役員の報酬並びに費用弁償及び旅費に関する規程.pdf
PDFファイル 92.4 KB