令和3年度 利根町社会福祉協議会基本方針

 今日、地域を取り巻く状況は、少子高齢化が進み、人口減少社会が本格化するなど、社会環境は大きく変化し、子育てや介護をめぐる問題、社会的孤立、複合的な要因から陥る生活困窮など、福祉課題や生活課題は複雑化・深刻化しております。

 また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人と人との接触機会を減らすことが求められる中、新たな地域づくりの視点が必要とされています。

 こうした状況に、国においては、「我が事・丸ごと」をキーワードに、地域に暮らす人たちが共に支え合い、課題を解決していく「地域共生社会」の実現に取り組んでいくこととしています。住民が地域課題を「我が事」として捉え、社協や行政、福祉関係者等と連携・協働し、複合的な課題を「丸ごと」受け止める包括的な支援体制の構築が重要であり、社会福祉協議会は「連携・協働の中核」としての役割を担うことになります。

 本会といたしましては、コロナ禍の厳しい状況や社会の変化に柔軟に対応し、あらゆる福祉課題に対応するべく、令和3年度を初年度として策定された「第3次地域福祉活動計画」に基づき、各種事業を推進してまいります。

 さらには、東日本大震災から10年を迎え、あらためて災害に対する備えの必要性を認識し、大規模災害発生時の適切な対応を図るため、災害を想定した訓練の実施と人材の育成に取り組みます。

社協の組織図

社協会員について

社協の活動は、会員の皆様の会費によって支えられております。社協会員加入にご協力お願い致します。

子どもから高齢者、障害者まで、地域にお住いの皆様とって、「住んで良かった」と思える利根まちづくりを目指して、様々な活動を行っております。

 

◎会費は、主に次のような事業に使われています◎

地域介護ヘルパー養成講座

中学生と地域住民とが交流しながら、福祉について学びます。

障害者ミニ運動会

障害者がボランティアとのゲーム通して交流します。

高齢者買い物支援事業

生活必需品の購入に支援が必要な高齢者に対し、自宅から店舗までの送迎を行います。

ふれあいサロン

地域の集会所などに、高齢者が集まって交流することで、介護予防効果が期待できます。


家事援助サービス

送迎サービス


区分 会費(年間)
普通会費  世帯 1口 1,000円 
賛助会費  個人(篤志家・有志者) 1口 5,000円 
特別会費  団体法人等 1口 10,000円 

☆加入の方法は、年1回、各地区の役員さんご協力のもと、加入を募らせていただいております。

☆また、年間を通して事務局でも受け付けております。

☆会費を納めることにより、利根町のまちづくりに参加いただいております。

ダウンロード
定款(H29.4.1施行).pdf
PDFファイル 228.6 KB
ダウンロード
事業報告(令和元年度).pdf
PDFファイル 316.0 KB
ダウンロード
法人単位資金収支計算書(第一号第一様式).pdf
PDFファイル 67.9 KB

ダウンロード
法人単位事業活動計算書(第二号第一様式).pdf
PDFファイル 78.2 KB
ダウンロード
法人単位貸借対照表(第三号第一様式).pdf
PDFファイル 72.4 KB

ダウンロード
現況報告書(令和2年4月1日現在).pdf
PDFファイル 659.6 KB
ダウンロード
役員の報酬並びに費用弁償及び旅費に関する規程.pdf
PDFファイル 92.4 KB